審美歯科

審美性と機能性の
両方を追求する

当院の審美治療では「白い歯」という見た目の美しさはもちろん、むし歯の予防や正しいかみ合わせなどの機能性も重視しております。
治療後にむし歯が再発すると、そのたびに歯を削らなければなりません。ご自身の歯を残すためにも、むし歯予防には補綴物の精密さが重要です。当院では歯と補綴物の密着性を高め、細菌の侵入を防ぐ審美治療をご提案いたします。

補綴物における保険治療と自費治療の違い

保険診療で「白い歯」にする場合、使用できる素材や適用できる歯の範囲が限られています。また、素材の特性から経年劣化しやすく、強度の低下や変色などを引き起こします。そのため、数年ごとの交換が必要です。
一方で自費診療の場合は、使用できる素材や歯の適用範囲に制限がありません。ジルコニアやe-maxなど、天然歯のような自然な美しさを持つ高品質な素材のご用意が可能です。長期間の使用でも劣化しにくく、歯科金属アレルギーのリスクもありません。
当院では患者様のご要望に配慮し、保険治療や自費治療どちらの場合でも適切な治療のご提供に努めております。

  • 保険診療とは

    保険診療は使用できる素材や治療方法、保険適用の範囲などが国の規定で定められています。 一定の自己負担率で治療できるため、自費治療に比べると治療費が安価であるのがメリットです。しかし、治療の目的は「最低限の機能回復」であり、症例によっては審美面や健康面の改善が不十分になる可能性があります。

  • 自由診療とは

    自費診療(保険外診療)とも呼ばれ、保険診療のような制限が一切ありません。高品質な素材や最新の技術を駆使した治療が可能です。治療では十分な時間をかけ、審美面や機能面を両立した治療の実現が期待できます。

身体にやさしい
メタルフリー治療

金属の被せ物・詰め物によって生じる問題点

銀歯を長期間使用していると、歯と銀歯の間に隙間ができやすくなり、細菌が詰め物や被せ物の内側に入って二次むし歯(むし歯の再発)のリスクが高まるという問題点があります。むし歯が再発するごとに歯を削っていると、歯の寿命も短くなってしまいます。また、唾液によって溶け出した銀歯の成分が歯ぐきに沈着し、歯ぐきの変色を引き起こしやすくなることもあります。体内に蓄積することもあり、歯科金属アレルギーを発症する恐れもあるのです。
そのため、当院ではメタルフリー治療を提供し、むし歯や歯周病の予防はもちろん、全身の健康も考えた治療を大切にしております。

メタルフリー治療のメリット

1金属アレルギーの心配がなくなる

金属を含む素材は、金属アレルギーの心配があると思います。特に銀歯に含まれる成分が唾液によって溶け出し、歯ぐきの変色を引き起こします。また、体内に蓄積されると、歯科金属アレルギーを発症する恐れもあります。
金属を一切含まないメタルフリーの素材であれば、金属アレルギーのリスクがありません。口腔内や全身の健康に悪影響を及ぼさず、健康な状態を維持してくれます。金属アレルギーへの不安を解消するためにも、ぜひメタルフリー治療をご利用ください。

2見た目が美しくなる

銀歯はお口を開けた際に目立ってしまい、見た目が気になるという方も少なくありません。メタルフリー治療で用いる素材は色が白く、天然歯に近い見た目をしています。そのため、お口を開けても目立つ心配がほとんどありません。メタルフリー治療により、見た目の美しさも大幅に改善します。

3材料の経年劣化がほとんどない

銀歯は経年劣化しやすく、歯と銀歯の間にできた隙間からむし歯が入り込んでしまい、二次むし歯のリスクが高まります。
一方でメタルフリー素材の場合は、経年劣化がほとんどありません。歯と補綴物の接着も非常によく、二次むし歯のリスクも抑えられます。長期間の使用も安心であるため、当院ではメタルフリー治療を推奨しております。

材料を選ぶときの5つの基準

  • コスト

    保険診療や自費診療、使用する素材によって価格がそれぞれ異なります。費用や素材によるメリット・デメリットに関しては、しっかりとご説明いたしますのでご安心ください。

  • 耐久性

    素材によっては経年劣化により、詰め物や被せ物がすり減ったり形が変わったりする可能性があります。かみ合わせのバランスを崩す原因になるため、定期的なメインテナンスが必要です。

  • 審美性

    患者様の歯と詰め物や被せ物の色味を調整し、違和感のない自然な美しさをめざします。特に前歯は目立ちやすいため、歯の色や透明感にグラデーションを合わせていき、高い審美性を作り出します。

  • 再発リスク

    健康な状態を維持していただくためにも、むし歯や歯周病が再発するリスクを減らさなければなりません。詰め物や被せ物が歯としっかり接着し、隙間を作らない精密な治療が重要です。歯科材料のなかには、プラークが付きにくいタイプもあります。

  • 安全性

    材料が身体にとって安全であることも重要です。メタルフリーの素材であれば、身体に悪影響を及ぼす心配がほとんどありません。一方で銀歯など、金属を使用する場合は、歯科金属アレルギーを発症するリスクがあります。

詰め物・被せ物の種類

保険診療の詰め物・被せ物

銀色の詰め物(銀歯)

「銀歯」は、パラジウム合金と呼ばれる合金で作られています。強度が非常に高く、長期間の使用でもすり減りが少ない素材です。しかし、唾液によって溶け出した金属の成分が、歯肉を変色させる可能性があります。また、銀歯の内側に二次むし歯が生じたり、歯科金属アレルギーを引き起こしたりするリスクも高いといわれております。

CAD/CAM冠

CAD/CAM冠は、セラミック(陶器)とレジン(歯科用プラスチック)を混ぜた素材から作られています。一部の歯には保険適用でき、保険診療としてCAD/CAM冠を用いた治療が可能です。自費診療に比べ、治療費を安価に抑えながら白い歯にできます。また、金属不使用のため、金属アレルギーをお持ちの患者様も安心してご利用いただけます。銀歯の場合は、溶け出した金属の成分により歯肉が変色する恐れがありますが、CAD/CAM冠にはそのような心配がありません。

Merit

  • 治療箇所によっては保険適用が可能です。
  • 天然歯に近い色合いと透明感があり、自然な見た目に仕上がります。
  • 素材は適度な硬さであり、咬み合う反対側の天然歯を傷める心配が少なくなります。
  • 咬む時にあごにかかる負担を軽減できます。
  • 金属アレルギーのリスクがありません。

Demerit

  • 症例によっては保険適用にならない場合があります。
  • 強度が低いため噛み合わせの状態によっては短期間で外れたり、割れたりする可能性があります。
  • 素材は単色であり、オールセラミックに比べると細かな色の調整が難しくなります。
  • 経年変化による変色の可能性があります。

自費診療の詰め物・被せ物

ジルコニア

ジルコニアは、別名人工ダイヤモンドとも称される素材で、非常に高い強度を持っており、噛む力が特に強い奥歯の治療に適しています。欠けたり割れることが少ないため、歯ぎしりや食いしばりがある患者様の治療も可能です。透明度も高く、天然歯に負けない美しさと機能性があります。

Merit

  • 白く自然な透明感があり、装着している際の違和感がありません。
  • 金属アレルギーの心配がありません。
  • 長期使用した場合でも変色に強い素材です。
  • 金属やプラスチックよりも強度があり安心して使用できます。

Demerit

  • 保険が適用できないため自費診療となります。
  • 強い衝撃を加えると表面が破折する恐れがあります。
  • 2重構造でクラウンに厚みが出るため、歯を削る量が多くなる場合があります。

e-max(イーマックス)

e-maxはガラス素材を含むセラミックです。セラミック(陶器)でできた素材の中でも一番透明度が高く、天然歯の色彩に近いのが魅力です。従来のセラミックの美しさに強度をプラスしているため、強い力が加わっても、咬み合う他の歯を傷める心配が少なく、歯の寿命も長くなります。

Merit

  • 金属を使用していないため、金属アレルギーの心配がありません。
  • プラークが付きにくい素材なので、口腔環境を清潔に保てます。
  • 変色しにくく、天然歯に近い色合いや透明度を持つことから、自然で美しい仕上がりになります。
  • 天然歯に近い硬さを持つため、噛み合う歯にかかる負担を軽減できます。

Demerit

  • 保険が適用できないため自費診療となります。
  • 天然歯のような透明感や色合いの再現が難しいため、見た目に違和感を覚える可能性があります。
  • e-maxに強い力がかかると割れてしまう恐れがあるため、歯ぎしりや食いしばりが癖になっている患者様にはお薦めできない場合があります。

よくある質問料金表